ちょこっとDIYと日常のこと

一歩でるのもイヤな庭。雑草が腰までスクスク育つ庭。とても危険なウッドデッキ。 庭にでるのが楽しくなるように大改造からスタート

ウッドデッキにマリンランプ設置と追記

 

ウッドデッキのことで一杯いっぱいで

マリンランプ設置のことをすっかり忘れてました。

 

夜のマリンランプ・点灯時

f:id:ampinpin:20210904014659j:plain

 

お昼間のマリンランプ

f:id:ampinpin:20210904014456j:plain

 電球色でLEDでも白っぽくないものを取り付けたかったので『LEDフィラメント電球』

というものを購入しました。

 

この私に電気の点滅ができるわけもないので、タイマーを取り付けました!

f:id:ampinpin:20210904014721j:plain

 

配線の取り付けなんかはもちろん・・・わかりません💦

f:id:ampinpin:20210904014710j:plain

ホームセンターのおじさんに教えてもらって、どうにかこうにか取り付けれました。

今見直してもよく分かりませんが、当時は会話もありで、理解できてたのでしょうね。 

 

デッキ下からの配管画像

f:id:ampinpin:20210904014507p:plain



f:id:ampinpin:20210904014736j:plain

配線が太い針金のようだったのでデッキに穴をあけ(15mmのドリル)、そこから

幕板を張っていないウッドデッキ<右サイド>にだし、 

 

ampinpin.hatenablog.jp

 

デッキを解体した時に転がっていた「なにか分からないけど長い管」

に配線を通しました。

配線は地中に埋めるオレンジ色?の管が売られていますが、節約です。

 

f:id:ampinpin:20210904014648j:plain

 

f:id:ampinpin:20210904014633j:plain





 

   <<<ウッドデッキ・フェンス の追記>>>

   ブログは完結しましたが、書き忘れがあったのでここで追記しておきます

 

ウッドデッキは床板を張る際(水が流れ落ちるようにできるだけ木裏を上にします)、隙間を空けるため板同士の間隔にスペーサーを挟んで、ビス打ちしていくのですが、ハードウッドも酷い反りのモノや、若干の反りでも床板張りが進んでいくと、手だけでは強制が利かなくなってきます。

で、ひとりでは太刀打ちできずバールを使ったり、購入したクランプでなんとかしのぎました。

 

f:id:ampinpin:20210904014514j:plain

F型クランプ 300mm

 

f:id:ampinpin:20210904014748j:plain

うちにあったバール

 

他にウッドデッキ用ビス(「錐込隊長」は使い切ってしまい画像はありません)、木材補修用ウッドパテウッドデッキ用皿取錐を購入しました。

f:id:ampinpin:20210904014620j:plain

間違ってビス打ちしたところ等を埋めました

 

f:id:ampinpin:20210904014528j:plain

皿取錐で下穴を開けるので木割れもなく、キレイにビスも収まって買って大正解でした。

 

 キレイにビスが収まります。

f:id:ampinpin:20210904014609j:plain

 

現在は皿取錐の短いのを購入し(上部だけ購入)、使用してます。

f:id:ampinpin:20210904014554j:plain
f:id:ampinpin:20210904014539j:plain


 ウッドフェンスは高さをランダムにするか迷い 結局直線にしたのですが、実は左肩上りになっていて、寝かして作った時に水糸を使えば良かったと、大反省してます。

 

ampinpin.hatenablog.jp

 

f:id:ampinpin:20210904014633j:plain

 

ウッドフェンス・ウッドデッキの追記は以上になり、庭にでるのが少し楽しくなりました。

ワンコが遊び回れるような庭に・・・花壇も作ったり、ミニ菜園も作ったりとまだまだ

「庭の大改造」は続きます。

ちょこちょこ更新もしていきますので、引き続きよろしくお願い致します。

 

~画像が消えることがよくありますので、お知らせ頂ければ助かります~  

自分記録:2019年

 

ブログランキングに参加中。フォロー大歓迎! 応援していただけると励みになります! 「庭をなんとかしなきゃ・・・」ー DIY超初心者の奮闘記ー - にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村